>

地域密着型歯医者のデメリットとは?

このコラムをシェアする

導入している設備が古いかも?

その地域に密着しているサービスを提供しているのはとても心強いです。しかし歯医者によっては地域に根付いた対応に特化し過ぎて備品や設備が以前のままになっているところもあります。大きな歯医者では無いので、大掛かりな機材を導入しにくいのも難点です。

特殊なケースの治療が出来ない場合は別の歯医者、または大きな病院を紹介される事もあるので「イチから全て同じ歯医者でやってもらいたい」という方には難しい場合もあります。

地域密着型サービスを展開している歯医者はあまり多くの診療科目を受付していないのもネックに繋がります。「近隣にあるから」といって何も調べずに通院するのは途中挫折の元になりますので、リサーチを欠かさず行いましょう。

離れた地域だと通院が難しい

基本的に地域密着型サービスは、その歯医者がある近隣の為のサービスです。よって遠方からその歯医者へ行くのはNGです。

実際に離れた地域から通院している方もいますがちょっとしたきっかけで通院が出来なくなったり、通院が面倒になったりするケースが多いです。また地域に特化したサービスを提供しているので、ケースによっては自分が求めているサービスを受けられない事もあるので注意して下さい。

患者と歯医者の距離が近いのは大きなメリットになりますが、その分限られた患者しか受け入れられないのは地域密着型サービスの今後の課題となります。それを打破すべく、訪問治療を提供している歯医者もあります。但し高齢者や身体の不自由な方のみと限られています。