>

なぜ途中挫折してしまうの?

このコラムをシェアする

ゴールが見えないのがネック

どんなに良いと評判の歯医者でも、途中挫折をゼロにする事は出来ません。理由は複数ありますが歯医者や歯に対して知識が薄いと途中挫折しやすい様です。歯医者は一度に治療出来る範囲が決まっていて、且つ自分では本当に改善しているか分かりにくいのがほとんどです。

その為、ゴールが見えず「痛みがなくなったのでもう通わなくても良いかな。」「ダラダラと通うのが嫌になった。」と思い通院を勝手にストップしてしまいます。途中挫折を防ぐには歯科医師と密に連携を取って、今どういった治療をしているのか。治療計画はどの程度のスパンなのかを明確にしておくと良いでしょう。

こちらから治療計画について質問し、曖昧にする歯医者は良いとはいえません。

自分に合った歯医者とは?

ネットの発達によって事前リサーチが当たり前になっています。しかし自分に合ったサービスが探せない。または分からないという声は少なくありません。

口コミや公式サイトを見て判断するのは良い方法ですが、特に前者を鵜呑みにするのはNGです。地域密着型の歯医者は公式サイトを設けていない事もあるので、ネットの情報は半信半疑程度に留めておくのが良いです。

予約時の対応やカウンセリングの印象。治療計画についての説明や、歯科医師との相性など自分のインスピレーションを信じてみるのも良いでしょう。もし合わないと感じた場合は別の歯医者へ変えても問題ありません。その上で自分が心地よい。通いやすいと思える歯医者を見つけて下さい。